ぶぶ漬けの女

机の上でこねくりまわしたもの

「モーニングショー」京大卒のエリート玉川徹さん、未だにガラケー使ってるのが可愛い。

お正月から「モーニングショー」

年末から胃の調子が悪くて参っているわ、旦那は年始から仕事で一人ぼっちの年始を過ごすことになりで、気持ちも沈んでいました。

ところが、お正月から「モーニングショー」をやっていたので、若干ですが気分は持ち直しました。

 

ところで、前に玉川徹さんがスマホを持っていないというツイートを見たのです。

 

 

私も番組でスマホを持っていない発言を聞いたことがあるような気がして、でも玉川さんみたいにバリバリ仕事してるエリートが、スマホを持ってないことあるのかな?って疑問でした。

 

 

ガラケーで写真撮影する玉川徹

元旦の「モーニングショー」で日の出をバックに、大吉、中吉、吉などがくるくる回転して、カメラのシャッターを押したとこで止まったのがあなたのおみくじの結果というようなことをやっていたんですね。

 

f:id:retrokomachi:20170112183814j:plain

 

高木美保さんとか出演者のみなさんがスマホをで写真を撮る中、玉川さんはガラケーで写真を撮っていました。

スマホを持っていないっていうのは本当だったのか!

 

 

驚くべきことに、玉川さんは「ガラケーなんでズーム出来ないんですけど」と発言。

いやいや、ガラケーでもズームは普通に出来るはず。

普段、歯に衣着せぬ発言で、不機嫌な表情をして偉そうだと言われている玉川さんがちょっと可愛く思えました。

 

 

「スマホを持っていない古い世代」

 

玉川徹さん自身はスマホを持っておらずガラケーのようですが、スマホを使えないオバサン・オジサン世代を「古い世代」と言ってのける凄さ。

自分がスマホを持っていなくても、スマホを使いこなす世代の事情や気持ちを理解することが出来る、これぞ真のエリート。

 

ガラケーしか持っていない、しかもカメラでズームが出来ないから情弱だとか、最新のアップル製品を使いこなしているから最先端だとか、そんな問題じゃない。

真のエリートとは深い教養と洞察力を持ち、決して老害にならない。

常に自分の頭で考えて発信し続けていくことが出来る、つまり玉川徹さんですね。

 

 

ちょっと話が脱線しすぎましたが終わります。

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?

 

 

ニッポンの踏み絵 官僚支配を駆逐する五つの改革 (幻冬舎新書)

ニッポンの踏み絵 官僚支配を駆逐する五つの改革 (幻冬舎新書)

 

 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう