ぶぶ漬けの女

机の上でこねくりまわしたもの

「頑張りたいのに頑張れない」の嘘

頭の中をずっとぐるぐる回っていることを、ブログに書いてちょっとでもスッキリしたいと思うので書いてみる。

 

何のきっかけだったか忘れてしまったけど、はてなブロガーのあさえさんのこちらの記事を読んで色々考えていました。

 

www.moriasae.com

 

 

ため息をつくように出る言葉

私もほとんど同じような思考のループで「頑張りたいのに頑張れない」を繰り返しています。

何だか私の心の声が文章にされていて、それを私が読んでいるような錯覚が起きるほどでした。

ため息をつくように発する言葉は「頑張りたいのに頑張れない」。

 

「頑張りたいのに頑張れない」のは体調が悪いから。

「頑張りたいのに頑張れない」のは意思が弱いから。

「頑張りたいのに頑張れない」のは頑張りすぎるとしんどくなるから。

 

そんな風におまじないのように唱えていた言葉が「頑張りたいのに頑張れない」でした。

 

 

頑張れない奴はダメな奴というメッセージが揺るがないのは、受験の時に先生が発破をかけるために放った言葉だったのかもしれない。

今、頑張れないヤツは一生頑張れない。 ―カリスマ講師・吉野敬介の成功に導く100の言葉

 

本当は頑張りたくない

「頑張りたいのに頑張れない」ことは何なのか、頭の中で並べてみると、

「頑張りたいけど、頑張りたくない」ことでした。

ここで初めて自分の本当の気持ちに気づいたんです。

 

頑張りたいと思っていたことが、実は頑張りたくないことだった。

出来るなら避けて通りたい、後回しに出来るならどこまでも後回しにしたい。

 

 

 

頑張りたくないことを手放す

そうだ!「頑張りたいのに頑張れない」を手放してみよう。

とはいっても、頑張りたくないことをしないという選択肢だけで生きていけるわけではないので、生活に支障をきたさない限りの最低限のことはやらなくちゃいけない。

 

 

まとめ

  • 「頑張りたいのに頑張れない」という思考をやめる。
  • 「頑張りたくない」という気持ちを否定しない。
  • 生活のための最低限のことはやる。
  • その中でもう一度自分のやりたいことを見直してみる。

 

書き出してみたら少し気持ちの整理が出来た気がします。

 

 

余談ですが、「頑張りたいのに頑張れない」の中に「はてなブログを書く」というのがありました。

やっとのことで書き始めてみると、するする書けて、ただ単純に書くことが楽しかったです^^

 

 

「がんばらないけど あきらめない」って言葉いいですね。

がんばらないけど あきらめない (集英社文庫)

がんばらないけど あきらめない (集英社文庫)

 

 

衝撃だったSIONの「がんばれ がんばれ」

優しく背中を押してくれるような温かい「がんばれ」です。


がんばれがんばれ-SION