読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓上の空論ブログ

好きなこと、嫌いなことを書くブログ

雑誌「サンキュ!」の付録1000万円手帳がズボラでも続けられる家計簿として優秀

手帳

付録の1000万円手帳目当てで、初めて主婦向け雑誌「サンキュ!」を買ってみました。

f:id:retrokomachi:20161103101057j:plain

 

書くだけで1000万円貯まるということは絶対ありませんが、お金の管理と貯蓄のモチベーションを高めるためには良さそう。

毎年人気の付録なんですね。

 

 

表紙がシンプルで可愛いです。金運アップの黄色もいい。

つるつるで手触りのいい紙質です。

f:id:retrokomachi:20161103101259j:plain

 

 

整えるべき3つのこととして、1つ目は1日のスケジュールの管理ということで、

「よくある平日」「たまにある平日」「休日」の3つのおおまかなタイムスケジュールを書くページがあります。

f:id:retrokomachi:20161103101346j:plain

大体の手帳では「平日」と「休日」の2パターンしか書き込めませんが、「平日」2パターンと「休日」の計3パターン書き込めるのが嬉しい。

 

 

 

次に1年で貯まられる額を大まかに算出するページがあります。

1カ月の決まって出ていくお金の把握、1年を通してのイベントにかかるお金をおおまかに書き込むことで計画が立てやすい。

f:id:retrokomachi:20161103101619j:plain

 

 

ライフプラン表では家族のライフプランを書き込めます。

10年後、20年後の自分と向き合わなければならないのは、ちょっとしんどいけど目は逸らせないので。

f:id:retrokomachi:20161103101958j:plain

 

見開きで1カ月のカレンダーとやりくりをざっと書く欄があります。

f:id:retrokomachi:20161103102112j:plain

下部には「今月の整えて貯めるアドバイス」と「暮らしが整うアイテムとその理由」が毎月あります。

 

 

次に見開きで1カ月分の支出を5つの項目に分けて書く欄があります。

f:id:retrokomachi:20161103102321j:plain

 

最初のカレンダーのページに光熱費や通信費を記入する欄があるので、

私の場合は「食費」「外食費」「被服・美容費」「交通費」「日用品費」の5つを書くつもりです。

これだけで、立派な家計簿になりますよね。

 

 

また、「今月整えたこと」「今月ムダだったこと」「来月整えたいこと」を書く欄があるので、1カ月の振り返りで良かったところ、ダメだったところを見直せるのが便利。

 

 

最後のページには年間目標と実際に貯めた金額を書くページ。

f:id:retrokomachi:20161103102809j:plain

 

少し残念なところは、マンスリーと毎月の出費を書くページが2016年10月から2017年10月までなこと。

1年は12月までで一区切りにしたいので、12月まで付いていれば良かったなと。

たぶん、来年にも「サンキュ!」の付録にて10月始まりの1000万手帳があるのだろうけど。

 

 

今まで、家計簿で食費なども細かく何の野菜をいくらで買ったかを記入していましたが、これがなかなか面倒くさい。

細かく週ごとの合計を計算して書き込むのもサボりがちになるし。

細かくマメに家計簿をつけられる人はいいけれど、そうじゃない私にはこの手帳で1日に使った食費をざっくり書きこむくらいがちょうどいいみたい。

コンパクトサイズで持ち運びやすいし、外でちょこっと書き込むにも手帳にしか見えないので抵抗を感じないし良さそう。

来年の10月まで続けてみるつもりです。

 

 

ケチケチしないで1000万円貯金しました (宝島SUGOI文庫)

ケチケチしないで1000万円貯金しました (宝島SUGOI文庫)

 

 

ケチケチしないで500万円貯金しました (宝島SUGOI文庫)

ケチケチしないで500万円貯金しました (宝島SUGOI文庫)