卓上の空論ブログ

好きなこと、嫌いなことを書くブログ

夏のアイメイクは一番可愛いブルーで!【マキアージュドラマティックムードアイズ限定色22】

今までどこに行くにも年中使えるブラウン系のアイシャドウを使っていました。

無難で浮くことはないけれど、可愛い色も取り入れたい、流行も取り入れたい、今までと違った色を使ってみたい!と気持ちが高まった時に一目ぼれしたのが、水原希子さんがモデルを務める資生堂マキアージュのアイシャドウ。

 

f:id:retrokomachi:20160615180101j:plain

 

今年の流行りは目元にブルー

今年の春・夏はどこの雑誌でも目元に青を効かせたアイメイクが取り上げられてます。
青と一言にいっても、さまざまな色味があります。
明るくビビットなスカイブルーは、夏の明るい日差しの中でひと際、元気ではつらつとした目元に。
濃紺のネイビーを目じり側にアイラインとして引いて、さりげなく流行を取り入れるのも大人っぽくて可愛い。

 

 

一番可愛くて涼し気なブルー

さまざまなブルーのアイライナーやアイシャドウが発売されていて、ブランドによって少しずつ青の色味が違って目移りしてしまいます。
色んなお店でブルーのアイラインナー、アイシャドウを手の甲に引いて試してみても、一目ぼれした「マキアージュドラマティックムードアイズ(限定色)」を超えるものはありませんでした。

 

というわけで、早速購入。

縦長のゴールドのケースがキラキラして可愛い。

手のひらにすっぽり収まるサイズです。

f:id:retrokomachi:20160615180434j:plain

 

 

 

ブルーの色味が一番可愛くて涼し気。
パステルカラーの可愛いブルーは、見たままの発色で感動!

f:id:retrokomachi:20160615180537j:plain

 

ブルーが主役のアイメイク

ブルーを目立たせるために、他の色は主張しすぎず控えめなのもいいですね。
シャドウはさりげなくまぶたをきらきらさせてくれるので、ブルーのラインを引き立たせつつ、印象的な目元にしてくれます。

 

私はブルーを主役にしたいので、アイラインを普段は黒のリキッドライナーから、ブラウンのアイラインに変更。
目のきわに、まつ毛とまつ毛の間を埋めるようにぎりぎりに細く引いています。

 

 

グラデーションも簡単!

シャドウの塗り方はケースにセットされているので、その通りに色をのせていくだけで、水原希子さんと同じアイメイクが出来ます。

f:id:retrokomachi:20160615180934j:plain

他の色はパウダーですが、ブルーはクリームシャドウなのでしっかり発色してくれて、持ちもいいです。

 

メイクを落とす時はメイク落としと洗顔両方出来るものではなく、メイク落としでしっかりオフしないと目尻にメイクが残ってしまう可能性があります。
そこだけは気をつけてください。

購入してからは、出かける時は必ず使っています。
目尻にブルーのラインを入れるだけで、テンションが上がっていい感じ。
限定色なので迷っているなら、なくなる前にお早めに。

資生堂 マキアージュ ドラマティックムードアイズ BL727 エイプリルスカイ

資生堂 マキアージュ ドラマティックムードアイズ BL727 エイプリルスカイ

 

 

資生堂 マキアージュ ドラマティックムードアイズ 22

資生堂 マキアージュ ドラマティックムードアイズ 22