読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卓上の空論ブログ

好きなこと、嫌いなことを書くブログ

スマホゲームがやめられなかった私がきっぱりやめました

スマホゲームの中毒性、何これ?

※前に書いた記事に追記してアップします。

 

以前、「プリパラ」のスマホゲーム「プリパズ」にハマっていることを書きました。

 

retro.hatenablog.jp


あれ以降、飽きることもなく「プリパズ」に支配される毎日を送っています。
ステージは一応全てクリアしたんですよ。
やったー!やったー!クリアだ!
さあ、スマホゲームをクリアしたし、他のスマホゲームに興味ないからアンインストールしようかなって

なるはずもなく…!

ステージをクリアするともらえるパズルのピースを揃えるために、何度も同じステージをやる。
これが楽しくて全く飽きない。
しかも、毎度毎度のイベントですよ。


イベントでユーザーを離さない

「プリパラ」映画化のイベントはスターを集めるとガチャが出来るので、そのためにステージを何度も何度もこなす。

全く飽きない、楽しすぎる、何これ?
イベントでスター貯めまくってガチャ回して当たった、らぁら、そふぃ、みれぃのカード。
色づかいが可愛くて全種類集めるしかないやろー!という思考回路になることは、アプリ制作側もわかってるよね?って当たり前か。
スターを貯めまくって、いらないカードしか出なかった時のがっかりした気持ちなんて、次にガチャ回した時にレアカード出ると一気に吹っ飛ぶ。
本当に怖いんだけど、何これ?

 

 

映画化のイベントが終わってほっとしていたら、レオナ・ウェスト、紫京院ひびき、めが兄のホワイトデーイベントが待ち構えていた。
レオナちゃん大好きな私は楽しみで楽しみで、「13日か、明日にはイベント始まるな」とカレンダー見ながら待っていました。
もう、アホかと…。

 

 

本気でスマホゲームをやめる


話がずれたけど、本気にスマホゲームをやめたいです。
一番の理由は首こりが激しいこと。
どうしてもストレートネックが加速するんです。
ただでさえパソコンなどで首こり激しいのに、スマホゲームごときに首を攻撃されてたくない!
スマホゲームの小さな快感は現実ではもちろん、SNSでも承認欲求が満たされない私にとって何としても保守したいもの。
この快感を手放したくない。
それでも、やめる。
今、ここでアンインストールしました。
さよなら、「プリパズ」。
さよなら、私の小さな快感たち。
さよなら、私の大親友「アイカツおじさん」。

 

 

※ここから現在追記したものです。

スマホゲームをやめた後の私


「プリパラ」の話題を見ているとうっかりスマホゲームのページに行ってしまい、一瞬迷いましたが何とか踏みとどまりました。
スマホゲームをやめて首こりが改善されたというと、全く改善されていません。
はてなブックマークなどを見る時間が増えただけで、スマホをやる時間が減ってないので当たり前です。

 

 

最後にスマホゲームをやめるポイント

絶対やめられない、日々の楽しみの一つがなくなるなんて耐えられないと思っていたけれど、意外と思い切ってアンインストールしてしまえば何とかなるものです。
スマホゲームをやめるにはある程度まで時間を掛けてステージをクリアしたり、カードを集めたりしてからアンインストールする方が効果があります。
これはファミコンの「ドラクエ」をやっていた時と同じなんだけど、何時間もレベル上げしてイベントをクリアして、ゲームを進めていれば進めているほど冒険の書が消えた時にもう一度やり直そうという気持ちが湧きにくくなるからです。

 


また、スーファミで「MOTHER2」というゲームもラスボスまでいって、どうしても倒せなくて泣く泣く諦めたのですが、1年後くらいに「いのり」を使うことで倒せると知ったものの最初からやり直す気にはどうしてもなれず、いつかやろうと思いながら今になってもやる気になりません。

 

スマホゲームを惰性で続けているけど、やめたい人は今すぐアンインストールボタンをレッツらタップでできあがり。

日本デジタルゲーム産業史: ファミコン以前からスマホゲームまで

日本デジタルゲーム産業史: ファミコン以前からスマホゲームまで

 
依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実